8個の光目覚まし時計で一番効果があったのはinti square

学生時代、寝坊が多く1時間目の授業にいつも遅刻。先生から「次に遅刻したら留年」と通告された。急いで数種類の光目覚まし時計を購入した。

電子音・ブザー音・スヌーズ機能付き・音声録音機能。元から所持していた光目覚まし時計と合わせると8個の目覚ましが朝鳴り出す。家族からかなりのクレームが来たが、本人は切羽詰まっているのでお構いなしに毎朝、時間をずらしてセットした。

小さい時から朝に弱く、低血圧の体質だから仕方が無いと自分に言い訳をして過ごしてきたが、大人になっても直らない。

このまま社会人になったら、きっと遅刻で人生を棒に振ると本気で思っていた。

一番良かった光目覚まし時計は、「光目覚まし時計inti square」。ごつごつとしたツノが四方八方に付いていて、設定した時間になるとブルブルと震え出す。音は鳴らない。フローリングの床に置いておくと、効果大。

スヌーズ機能も付いていて、バイブレーションの強弱で変化ある起こし方をしてくれる。しかも、震えた結果この光目覚ましは移動を始める。少しずつ場所を変えるのだ。

これがよかった。就寝時に置いた場所と違う場所で振動しているので、寝ぼけながら光目覚まし時計を探さないといけない。

立って歩かないといけない。

普通の光目覚ましは、無意識にスイッチをOffしてまた眠りの中へ帰っていく事になるが、この目覚ましはそんな事は許さない。振動が床を伝わり、ベットを伝わり、体に伝わってくる程だ。

こんな強力な光目覚ましは家族には大迷惑。つまり、誰かが 「まぶしい!!」と私を起こしに来てくれるのが一番効果があった。おかげさまで留年せずに済みました。

この経験から、自分は音では起きられない事を悟った。

振動や光で人から起こされると目覚める事ができるが、音では音が鳴った事にすら気づいていない。

自分発見のいい経験になった。もう1つ自分が敏感なモノを見つけた。「臭い」だ。カリキュラムが代わり、プレッシャーから解放され、私は寝坊していた。「今日は午後からでいいや」と夢見を楽しんでいた。何かが変だった。臭う。パチパチ と変な音もする。隣の部屋が 燃えていた。家には自分だけ。流石の私も飛び起きた。天井まで炎が届いている。私は恐怖のあまり一旦ドアを閉めたが、家中の消化器で炎と格闘。あまりの煙に何度も諦めかけた。本当に泣きそうだった。逃げようかと思った。が、何とか消し止めた。寝坊して本当によかったと思った。

参考:http://allsaintsrh.org

最初の目覚まし時計と光目覚まし時計が出来たきっかけ

今では、枕もとにほとんどの人が目覚まし時計を置いていますが、最初に目覚まし時計とはどういったものだったのでしょうか。めざましどけいの 起源は古代ギリシアの「クレプシドラ」です。クレプシドラとは水が少しずつ注がれるように、または水が少しずつ出ていくように細工された容器の、水面の高さで時間をはかる水時計です。この水時計を使い、哲学者プラトンは、夜に水を注ぎ始めると、朝になってから容器からあふれ出た水によって、銅がタライの上に落ちて音が鳴るという仕掛けです。ほかにも同様にプラトンが作ったもので、水を注ぐと笛が鳴る仕組みです。

その後も時計は進化していき、家庭にも普及されてましたが、光目覚まし時計の機能はありませんでした。

大きな契機になったのはイギリスで18~19世紀にかけておきた産業革命です。産業革命により労働者は決まった時間に仕事に行かなくてはいけませんでしたが、しかし光目覚まし時計はないとなって出てきた職業は「ノッカー・アップ」といわれる目覚ましやです。

このころはアパートが多くすべての家を回るのは効率が良くないので外から長い棒などで窓を依頼主が起きて窓を開けるまでノックし続けるというものです。外から仕事がこなせるのですべての部屋を回るより効率はいいです。ほかにもゴムチューブに豆を詰めてふきやの要領で吹いて窓に当てるなどもあったそうです。その後目覚まし時計の必要性を感じ1851年に最新鋭に工業商品として目覚まし時計が開発されました。

いまでは時計も進化して太陽を真似た光目覚まし時計というものが販売されているのです。

光目覚まし時計を使ってみる価値がどの程度あるか

朝起きる時に欠かせないのが光目覚まし時計です。

ですが、最近はスマホの光目覚まし機能を使えば良いと思っている人もいるかと思います。

確かにスマホに光目覚まし機能のアプリはあります。

でも、やはり今でも光目覚まし時計は必要だと私は思いました。

その理由は確かにスマホの光目覚ましアプリを使えば時間が来れば正確な時間にアラームが鳴ります。ですが、その機能を使っても思ったように朝起きれない事が度々ありました。

なぜなら、この機能を使って時間通りにアラームが鳴っても

その音はすごく小さくて音量を最大にしても熟睡していた場合は全くその音に気付かない事があるからです。

それで私はスマホの目覚まし機能を使って朝起きるのは困難だと思ってまた光目覚まし時計を使うようになりました。

その結果朝起きれないという事はなくなりました。

なぜなら、目覚まし時計のアラームはやはりスマホの光目覚ましアラームの音量と比べてもかなり大きいというのがあったからでした。

なので、いくらスマホのアラーム機能が便利でも今では全くスマホのアラーム機能を使って朝起きるようとはしなくなりました。

やはり夜寝て朝起きるために使うなら光目覚まし時計以上に良い物はないと思いました。

それぐらい、光目覚まし時計の音量は大きいですし、

スマホのアラームとは比較にならないくらい大きい音で

熟睡していてもその音に気づくと思ったからでした。

なので、これから先も私は従来通りの光目覚まし時計を使おうと思っています。

眠れない日は自分の自由時間が増えたと思って

コーヒーなどカフェインをとってもほとんど眠くならな買った自分が、不眠に悩まされるようになった。

寝る前どころか日中のカフェイン摂取も抑えて、昼寝などで夜の睡眠を妨げないよう努力したものの、一向に解決しない。

翌日辛くなったら嫌だと思い、眠れなくても身体を横たえておくようにしていたが、それでも眠れないということが逆に焦りと不眠につながっていたように思う。

眠れないと感じたら、すっぱり諦めて起き上がって何かをすることにした。

はじめは眠気が来ることを期待して布団の上でできること、本を読んだり動画を眺めたりしていたけれど、徹夜してしまうこともしばしばあった。(最後まで読みたくなるような本や動画は避けていたにも関わらず・・・。)

けれど、徹夜してしまうと翌日はなんとなく眠気が来るようになったりしたので、不健康だと思いつつも、不眠は体が眠りを求めていないんだと割り切って考えることにした。

それからは、眠れない日は布団で過ごすこともやめて、撮りためていた楽しみなドラマを見たり、夜の散歩に出かけたり、ネイルを変えたり、とにかく自由に過ごしてみた。

そんな生活を数ヶ月続けていたら、何故か普通に眠れるようになった。

はっきりとした理由はわからないけれど、自分の中で何かのストレスがあって、それがきちんと発散できたのかもしれない。

健康診断でもオールA判定の健康体にとって、疑うべきは精神面しかなかったから・・・。

同じような方法が他の人に通じるかはわからないけれど、もしも何をやってもだめだという人がいたら、眠ることをストレスにせず自分の自由時間が増えたと思って起きて過ごすのも一つの方法だと言いたい。

日中眠たいのが睡眠時無呼吸症候群の影響だとわかるまで

私は日中眠たくて仕方ないときがありました。

時々と言うよりは、ほとんど毎日です。寝ているときはいびきをかいていることもあるようですし、夕食中も眠たくて、そのまま入浴すると溺れる危険もありましたので、入浴前に1時間くらい寝てから入浴をしていました。ですから就寝は0時少し回ったりして、朝は6時20分に起床。ですがなかなか起きられず

時々主人に「起きろよ!弁当作らないと!」と声をかけられることもありました。

ある日車を運転していましたら、予告なしで急に睡魔に襲われ、気がつくと

反対車線に飛び出していました。

幸い対向車がありませんでしたので、事故にはなりませんでしたが、気づいた瞬間は冷や汗やら手汗がすごく、もちろん心臓もバクバク。

しかし、こんな思いをしたのに勤務中にも突然睡魔に襲われ、パソコンの画面に同じ文字が何千と打たれていたり、立ったまま気絶状態かと思うくらい眠ってしまっていたり、ひどいときは台車を曳いているのに眠っていて、いわば酩酊状態のようにフラフラして歩いていたこともありました。踏み台の上に乗っているのに睡魔に襲われたりしたこともあり、よく落ちなかったと後で思うと怖くなることもあります。

また、朝通勤運転中にも一瞬睡魔に襲われ記憶がなくなっている部分があったりと、

あまりにも危険なので、インターネットで該当する病気を調べておりましたところ、

睡眠に関することでの研究で有名な医師が、私の在住する県内にいらっしゃるとわかり、受診しました。

早速、睡眠時無呼吸症候群の疑いと言われ、家庭での簡易検査の後、1泊入院しての検査を行いました。

その結果、睡眠時間の約1割しか熟睡できていないことがわかりましたが、まだ軽度の方なのでマウスピースを作成し就寝時に付けてねるという治療になり、それまでのいびきはしずかになりましたが、その後の再検査入院ではあまり効果が出ていないとのこと。

しかし、この時は1回目入院で男性看護師が着替え中に誤ってドアを合鍵で開けてしまったことが

あり2回目の入院時は開けられるんじゃないかという恐怖とまでは行きませんが、いろいろ気にしすぎて

寝にくかったこと、前回は勤務後でしたので疲れてすぐに眠れましたが、2回目は休日を選択したので

眠れなかった事も良い結果が得られなかった要因かと思います。

毎日のように遅刻してた私が起きれる用になった原因

私は昔から朝起きることができなくて、学生時代毎日のように遅刻していました。

自分でもどうしてこんなに起きれないのかわからず、親も学校の先生も、友人たちも私が嘘をついていると思っていました。

ただ、自分でも原因がわからなかったので、いろいろ調べてみると、朝起きるときには、脳内物質のアドレナリンとノルアドレナリンが分泌されて、脳が起きた状態になるようですが、低血圧の人はこの脳内物質が分泌されるスピードが、通常の人に比べて遅いため、脳がなかなか起きた状態にならないので、朝起きにくいということを知りました。

私の場合、朝起きれないだけではなく、立ちくらみもしていたので、午前中はほとんど何もやる気が起きませんでした。

中には、肩こりや頭痛といった症状が出ることもあり、何とかこのつらい症状を緩和したい、嘘をついているわけではないということを、周囲に知ってもらいという気持ちが強くなり、低血圧を改善する対策をとることにしました。

低血圧を改善するには、心臓を強くして体内に血液を送るポンプを強化することが大事だということで、毎日運動を続けることにしました。

私が行ったのは、仰向けの姿勢で、スクワットをしたり、1時間程度のウォーキング、腹筋などを毎日続けました。

運動を続けていくうちに、少しずつ体力もつき、徐々に症状は改善していきました。