眠れない日は自分の自由時間が増えたと思って

コーヒーなどカフェインをとってもほとんど眠くならな買った自分が、不眠に悩まされるようになった。

寝る前どころか日中のカフェイン摂取も抑えて、昼寝などで夜の睡眠を妨げないよう努力したものの、一向に解決しない。

翌日辛くなったら嫌だと思い、眠れなくても身体を横たえておくようにしていたが、それでも眠れないということが逆に焦りと不眠につながっていたように思う。

眠れないと感じたら、すっぱり諦めて起き上がって何かをすることにした。

はじめは眠気が来ることを期待して布団の上でできること、本を読んだり動画を眺めたりしていたけれど、徹夜してしまうこともしばしばあった。(最後まで読みたくなるような本や動画は避けていたにも関わらず・・・。)

けれど、徹夜してしまうと翌日はなんとなく眠気が来るようになったりしたので、不健康だと思いつつも、不眠は体が眠りを求めていないんだと割り切って考えることにした。

それからは、眠れない日は布団で過ごすこともやめて、撮りためていた楽しみなドラマを見たり、夜の散歩に出かけたり、ネイルを変えたり、とにかく自由に過ごしてみた。

そんな生活を数ヶ月続けていたら、何故か普通に眠れるようになった。

はっきりとした理由はわからないけれど、自分の中で何かのストレスがあって、それがきちんと発散できたのかもしれない。

健康診断でもオールA判定の健康体にとって、疑うべきは精神面しかなかったから・・・。

同じような方法が他の人に通じるかはわからないけれど、もしも何をやってもだめだという人がいたら、眠ることをストレスにせず自分の自由時間が増えたと思って起きて過ごすのも一つの方法だと言いたい。